神戸製鋼所決算発表

神戸製鋼が2015年3月期の純利益の会社予想を上方修正しました。(売上高は据え置き)
従来予想から100億円プラスで、700億円の見通しです。
主たる要因としては、原料の鉄鉱石の値段が想定以上に低下していることと、
鋼材需要は堅調に推移すると見られているからです。

原料安による増益の過去の記事にも書きました。鉄鉱石は7パーセント下落です。


鉄鋼事業の経常利益は、前期333億円に対して、今期の従来予想は31%減の230億円
としていましたが、原料安により、上方修正し、22%減の260億円となりました。

ですが、この発表後株価は材料出尽くしとみられ下落しました。結局前日比2%安となり取引を終えました。
織り込み済みだということでしょうか。。株価の予測は難しいです。